結婚式での“有名人参列者”の複雑なポジション

結婚式にこんな有名人が来る?!

結婚式のゲストに、有名人、著名人が参加することも珍しいことではありません。 ですが、ついつい気になってしまって結婚式どころじゃなくなりそうですね。

結婚式のゲストに何処かで見たことあるような有名人が?

新郎新婦が一般人でも、参加するゲストの中に有名人が紛れていることはおかしくありません。

実際、芸能人やお笑い芸人、アーティストなどが一般の友達の結婚式に一ゲストとして参加することはよくあります。

当人たちにとっては当たり前のことですが、周りのゲストからすれば気になって気になって仕方がなくなりますよね。

基本的は気にしないことが一番です。

一緒になって結婚式を盛り上げる気持ちを忘れてはいけません。有名人についつい目が行って、結婚式に集中できなかったら新郎新婦に申し訳ありませんからね。

花嫁以上に華やかな女性ゲスト

女優さんやモデルさんが結婚式の一参列者として宴席に着く。

これは新婦が比較的華やかな業界で生きている人ならよくある話です。

この場合新婦も同業者であることも多く、文字通り「類が友を呼ぶ」状態。

そのテーブル以外の女性招待客は若干影が薄くなりますが、結婚式の雰囲気そのものにさほど影響はないパターンです。

これらの人が新婦の姉妹である場合も同様。「美人姉妹ね」で済むことがほとんどです。

ただしこの逆、新郎側招待客若しくは親族にこれらの人がいた場合は最大限の注意が必要です。

招待客が「わーキレイ」などとウットリと見とれまくったりするのは厳禁。

下手をすると新婦若しくは新婦親族が本気で激怒し、式が最高に気まずくなります。

出世頭系の男性ゲスト

新婦の場合は「美しさ」が問題になりますが、新郎の場合はずばり「ステイタス」。

現在の新郎の職業若しくは学生時代等に本格的に打ち込んでいたスポーツなどで大成し、かつマスコミを通じて世に知られている人、代表的な例ですと有名プロアスリート、マスコミに登場頻度が高い評論家などが招待客にいたら要注意。

ミーハー心を全開にして新郎を差し置いてお酌に行ったり一緒に写真を撮ったりする姿が目に余ると、新郎のプライドは相当に傷つきます。

超大物主賓

主賓ですからそれなりの地位の方であるのはある意味当然ですが、招待客だれもが驚くようなVIPが主賓席におすわりになっていることもあります。

この場合微妙なのが、お相手側の主賓の立場なのはいうまでもありません。

結局どんなに有名人であろうと、結婚式に出席している時間はプライベートです。

何よりも、彼らはこの場では一出席者。ミーハー一般人である自分と同等の立場の人間なのだということを胆に命じなければなりません。大騒ぎは心の中だけに留めることが大切です。